1泊20万超えのモーベンピックと4500ペソの私の部屋(Airbnb)




 

クリスマスのセブ

高級リゾートホテルは大盛況(のはず)

 

試しに25日の朝 『当日1泊』の条件でホテルを探してみました

4つ星 5つ星のホテルに なかなか空室は見つかりません

そんな中 見つかったのが

私の一番のお気に入り クリムゾン♪

そして値段は

グラフィックス1

 

63,648円(1泊)

馬鹿げてますね

おそらくスイートか何かだと思いますが….

 

そして もう一つ見つかった部屋が 我らがモーベンピック

あれ人気ないのかしら?

と思いきや 残っているのはプレジデンシャル・スイートだけ

そしてその値段は

 

 

グラフィックス2

 

206,149円

まあ一応住人なので コメントは差し控えさせて頂きます

 

空室があるのは ホントにこの二つのホテルだけ

シャングリラも プランテーションも ブルーウォーターも全部満室

 

クリスマスのセブ

スゴイことになってますね



そして 私にもほんの少しクリスマス余波が来ました

クリスマスシーズンのセブは少し『異常』なので
私は 極力家を出ないようにしています

『静かに集中して仕事する時間』と割り切っています

 

そんな中 24日の夜8時頃 Airbnbの問い合わせが

フィリピン人女性のLiz から

 

明日から2泊したいんですけど空いてますか?

 

面倒くさいから断ろうかと思いきや
フィリピン人には珍しく非常に丁寧なメール

しかし あまりルールを分かっておらず
『携帯の電話番号教えて下さい』といきなり来るあたりはやはりフィリピン人?

※ 契約前に個人の連絡先を教えるのはAIrbnbではルール違反
※ 私の経験上 いきなり「携帯の番号教えて下さい」ときたのは全員100%フィリピン人

 

そこで 言い方は丁寧ながらも

 

『ルールを守るお客さんだけお泊めするポリシーです』

 

とキッパリ返信

これまた経験上 こうした返信をするとほぼ100%返信は来ません

『勿体無い』と言われることもありますが 私はこれでOKなんです
ルールを守れない人=トラブル予備軍 ですから
そこまでしてお金を稼ぎたいという気もありませんし

ところが このLizからは即で返信あり
また返信の内容も良い

 

ごめんなさい
はい あなたのいう通り ルールは守りましょう!

 

この時点で即決
予約の『事前承認』を送り 無事成約となりました

次にチェックイン時間を聞くと

 

翌朝4時のフライトでマニラを出ます とのこと

 

マオバ?? (ホント?のセブ語)

 

通常のチェックイン時間は14時だけど 頑張って12時だね
それで良い?

 

どうもありがとう!!

 

まあこんな感じで 約1時間程度 5往復のメッセージのやり取りで成約

1泊 4500ペソ×2泊 = 9,000ペソ(約23,400円)

悪くない売上です フフフ

 

翌日2人を迎えてみると 本当にナイスカップル
男性はインド人?インド系?

昨夜セブに行こうと思い立ち 飛行機の予約と並行して
私にコンタクトしてきたとのこと

 

なかなかの行動力ですね

 

かなり優秀

 

思い立った10時間後にはセブにいるカップル

 

なかなかデキることではありません

更に『急な対応ありがとう』とのことで
小さなギフトまで(チョコレート)くれました

 

このフィリピン人カップル 今後のために少し仲良くしておこっ♪♪

 

ということで 普段は有料の水とビールを無料にしてあげました

年末年始のために仕込んだ 30本を超えるビールの入った冷蔵庫に
このカップルは少し引いてましたが….

 

最後に二人に質問

 

どうして朝4時のフライトにしたの?
安いから?

 

いいえ その便しか空席が無かったんです

 

しかも値段は普段の倍以上

フィリピンのクリスマス狂想曲の一旦を垣間見ました

 

最後にセブのAirbnbについて

一時急激に増えたように見えた部屋数も最近は頭打ち?
私にはそう見えます
新しい宿はあまり見かけませんね 少なくともマクタンでは

個人的にはコンスタントに欲しい分は稼げています
(まあ物件が良いので)
それと最近 良いお客さんが多いです

 

今回のようなお客さんを迎えるとコチラもhappyになりますね

 

事前にマナーの悪いお客さんは断っているからか
単に皆さんが良い人達なのか
理由は定かではありませんが….

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活, セブ島ホテル, Airbnb タグ: , パーマリンク