評判の『ザ・ジングルズ』で英語の発音診断を受けてみた




 

ザ・ジングルズという会社で発音診断を受けてみました

http://www.thejingles-summit.co.jp/

 

動機は シンプルに『面白そうだから』
ビールを飲みながらネットサーフィンしていたら
たまたま見つけたのが このジングルズ

 

面白そうと思ったら即行動

 

ってことで昨日診断を受けました

 

 

スカイプで このメソッドの開発者であるWalkerさんと少し話します

この人 アメリカ人の言語学者
なんと9ヵ国語を話すそうです

世の中にはこういう天才がいるんですね

 

最初にアメリカ英語かイギリス英語か聞かれます

私はもちろんイギリス英語を選択

 

しばし雑談

いまフィリピンにいるんです~等々….

 

雑談後 指示された単語を発音します

 

そして 結果発表

 

 

君の発音は 89.1だね
Very British だよ
全然フィリピン英語じゃないねっ!!

 

えっフィリピン人英語がどういう発音か分かるの?

 

フィリピン人の平均的な発音レベルは86だよ
(あくまでも平均です)

 

えっ?
たった3.1の差でしょ
そんなに違うの?

 

そりゃ大きな差だよ!!




ということで ここでWalkerさんは退場
日本人のインストラクターの方が引き継ぎます

 

ここからは ジングルズの企業秘密もあると思うので
HPに記載のある内容に準じて説明します

http://www.thejingles-summit.co.jp/j-tep/level.html

 

この発音診断
満点=ネイティヴ・レベルが90点

日本人の平均が84.7

以下 各国平均値 by walker

インド人が87

英語が上手なドイツ人が88 (ヨーロッパ人レベル)

ノン・ネイティヴで英語が一番上手だと思うオランダ人が89 (模範レベル)

 

グラフィックス1

 

これって10点満点にして
日本人の平均が4.7
模範レベルが9
とかにした方が分かりやすいと思うのですが

まあ 何かこだわりがあるのでしょう…

 

いずれにせよ 私の点数は89.1
悪くは無いのですが どうも中途半端
最近全然英語を話していないので 少し練習してから受ければ良かった

 

一方で少し安心しました

 

実は私は普段色々な国に電話をかけます

 

アメリカ
イギリス
フランス
イタリア
スペイン
シンガポール
マレーシア

 

使用言語はどこも英語なのですが これが面白いように違う

もう笑っちゃうくらい違うんです

 

この『英語内ギャップ』 皆さんにも是非体験して頂きたい

ではどの国が一番楽か分かりますか?

 

 

 

 

断然 アメリカとイギリスなんです
彼らはネイティブなので 仮に私の発音が不完全でも
ほぼ理解してくれるのです

もうホントにスムーズ
ノーストレスです

ニューヨークのアメリカ人はメチャ早いですが…

 

私たち日本人が 外国人の話す訛りのキツイ日本語でも
大体理解できるのと同じです
ネイティブとノン・ネイティブには本当に大きな差があります

 

ですから 例えばイタリアとかに電話して
『分かりません』とか言われるとカチンと来るワケです

イタリア人の訛りはキツイです~

 

それ 俺のせいではなくて お前の英語力のせいだろ!とか…

 

まあ今回の診断で 少なくとも私の発音は「悪くはない」ことは証明されたので
今後も『悪いのはお前だろ』スタンスを貫きたいと思います(笑)

 

そう 英語を話す上で重要なのは自信
堂々と話せば何となくイニシアチブを取れます

 

 

ハナシは逸れまくりましたが ジングルズは
なかなかユニークな会社です

色々な説明を聞きましたが 非常に説得力がありました

興味がある方は まずはHPを読んでみては如何でしょうか?

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: 英語 フィリピン英語, 英語 タグ: , , , パーマリンク