セブで労働ビザを取得する 全体の流れ




 

最近 労働ビザ申請のお手伝いをしたので
忘れないうちに 最新超理不尽不合理情報を書き留めておきます

 

他の国同様 フィリピンにも数種類のビザが存在します

 

今回ここでお話するのは 通称『9Gビザ』

 

日本人が合法的にフィリピン国内で働くために必要な 最も一般的なビザです

 

色々細かいことを言い出すとキリがないので
その取得手続きをザックリ説明すると 下記のようになります

 



 

1 労働雇用省で外国人雇用許可証を取得する

 

労働雇用省(Department of Labor and Employment : DOLE)

→ 『ドーレ』ってみんな言います

 

外国人雇用許可証(Alien Employment Permit : AEP)

→ 『エーイーピー』ってみんな言います

 

本ブログでも何度も書いている通り
フィリピン人はイニシャルでの短縮が大好物

 

これには いつまで経っても慣れませんし 慣れたいとも思いません

 

ホント 不親切だと思います

 

 

2 移民局で雇用ビザを申請する

 

移民局(Bureau of Immigration:BI)

→ 『ビーアイ』ってみんな言います

 

雇用ビザ(Prearranged Employee Visa)

→ 通称9G 『ナイン・ジー』ってみんな言います

 

※9Gの申請には、AEPの取得が必要

 

 

3 移民局で仮ビザを申請する

 

仮ビザ (Provisional Working Permit: PWP)

→ 『ピー・ダブリュ・ピー』ってみんな言います

 

なんで このPWPの取得が必要かと言うと
9Gビザは 申請から発行まで3カ月くらいかかるから

 

つまりその繋ぎのビザ
そして 有効期間は3カ月

 

そして 申請できるのは 9Gビザを申請した人だけ

 

当たり前ですが….

 

実際には9Gを申請した同日に
9Gのレシートを添えてPWPを申請します

 

 

理解の良い皆さんは もうお分かりと思いますが

 

 

 

本当に必要なのは 9Gビザ

 

しかし その本丸の9Gに辿りつくまでに2つの関所を通らなければならない

 

 

 

これが フィリピンでの労働ビザ手続きのポイントです

 

書いててアホらしくなってきました

 

明日以降 それぞれの手続きでの もっとアホらしいことを綴っていこうと思います

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス ビザ タグ: , , , , パーマリンク