ネットのスピードと解約手続きに見る 哀れにすら思えてくるPLDTの低能ぶり (2)




 

さて 本題の『解約』について

 

みなさん どうしたらPLDTの解約手続きができるか 想像つきますか?

 

一般的には

 

契約者本人が PLDTのブランチに行き
①解約申込書 と ②本人ID を提示する

 

まず ②のID

 

もう この国はどこに行っても『IDを出せ』と言います

 

おそらく このIDの提示&チェックに フィリピン全体で
天文学的な時間 = コスト が掛かっているはすです

 

ただ この国の人は 時間 = お金 という概念がないので
こんなことには 誰も気を留めないのでしょう

ある種のワーク・シェアリング??

 

しかも このIDチェックが 超いいかげん
私はここ数カ月間 期限切れのACR-Iカードを提示してますが 何も言われません

いま更新手続き中 セブでは このカードの更新に3~6週間を要します(豆) アホくさ~

 

スーパーで クレジットカードを出しても IDを出せと言われます
しかも このチェックが超絶スロー

 

ねっ ほら これ僕でしょ?

 

と笑顔で言って IDを取り上げ いつもこのIDチェックを途中で終わらせてます

時間の節約

実はACR Iカードって 名前が微妙な位置に書かれてて 見つけにくいのです…



 

本題に戻ります

 

次に ①解約申込書

 

 

この国に『書式』などという気の利いたものはありません

 

 

つまり 自分で作成します

 

ちなみに 引越しに伴う移設の場合も同様
PLDT宛てに 自分でレターを書くのです

 

おそらく 人によっては 必要事項が抜けていて
その確認に時間がかかって またここで余分な 時間=コスト がかかる

 

しかも 書くのはフィリピン人
絶対 一筋縄ではいかないはずです

 

『書式』を作って『効率化』して『精度』を上げよう
なんて 誰も考えないのでしょう

 

まあ グタグタ言っても仕方ないので
今回も サクッと自分でレターを書きました

 

そして PLDTのカスターマーサービスへメールで送信
サインしたレターとIDはスキャンして添付

customercare@pldt.com.ph

 

メールなら 本人でなくても手続き可能(技)
勿論 友人のフィリピン人の名前でメールを送りますが….

 

そして6日後に 返信あり

 

Kindly be informed that the process of termination is 2 to 3 weeks upon service order issuance.

 

まあ 色々書いてありましたが
要は あと2~3週かかります ということ

 

つまり 私がメールを出してから 大体1ケ月後

 

これが フィリピンタイムです

 

まあ そう思って 5月22日の解約 を 5月2日 に申し込んだのです

 

 

ところが メール受信の翌日
いきなりPLDTの解約担当部署から電話が

 

 

解約の申込を承りました
ですので 今日止めますね♬

 

 

はっ??

 

 

今日止めます♪

 

 

いやいやいや レター読んだ?
『22日に解約してくれ』って書いたんだけど

 

完全に 全く 1%たりとも読んでいないご様子

 

それだと 6月10日分までの料金を 来月払ってもらう必要があります

10日がPLDTの締め日

 

ここで判明

 

この国に日割りという概念は無い

 

しかし この対応はやはり文明人のそれではありません

 

このご時世 ネットが無かったら何もできません

 

日割りにして たった800ペソ程度をケチって
ネットの無い生活を 10日以上も送ろうとする人なんて
いるはずがないのです

 

 

根本的な常識が違う

まあ心底認識してますが…

 

 

ここは明確に回答する必要があります

 

少しでも誤解が生じたら PLDTはすぐ止めます

 

敷設に1ヵ月でも 止めるのは10分

 

それがPLDT

 

 

6月10日分まで払います

止めるのは22日にして下さい

それまで 絶対に止めないでください ✕3回

 

 

そして DO YOU UNDERSTAND? ✕2回

 

 

何とか伝わったのか このブログを書いている現在
まだネットは繋がってます

 

PLDT

 

こいつら ホント鬼門です…

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブのインターネット タグ: パーマリンク