国民の借金「1000兆円」は大嘘 → 日本政府の負債「150兆円」が正解




 

スミマセン 今日は少々小難しい話ですが ご容赦下さい

 

国民の借金は1000兆円以上
日本の財政は破綻寸前
国民一人当たり 800万円以上の借金
この借金を子や孫の世代に負わせてもいいのか?

 

はい これ財務省の仕組んだプロパガンダ
つまり 事実ではありません

 

しかし このプロパガンダを信じている人の多いこと多いこと…

 

稀にこうした日本の財政のことが 飲みの席等で話題にあがることもありますが
ほとんどの人が 誤解をしています 刷り込まれています
聞いていて悲しくなります

 

そこで 今日は「明るい事実」をお届けしたいと思います
この事実を知ることで 皆さんの気持ちが少しでも軽くなれば幸いです

 

下記は平成25年度(2013年度)の政府の貸借対照表

財務省のHPからの抜粋です
http://www.mof.go.jp/budget/report/public_finance_fact_sheet/fy2013/20150130gaiyou01.html

少し前のものですが これしか見つかりませんでした…

 

グラフィックス1

クリックすると大きくなります↑



まずは右下

政府の負債は 1143挑円あります

※あくまでも「政府」の負債(借金)です 国民の借金ではありません

 

そして左下

政府には当然「資産」もあるのです
なぜか これは全然報道されませんが(地上波では)

その額 652兆円

 

つまり この時点で 差し引き491兆円のマイナス

 

更に日銀(日本銀行)

実は 日銀は日本政府の子会社なのです(55%出資しています)

そして 下記が日本銀行の貸借対照表

 

zai1605a1

 

資産の部に 349兆円の国債があります

これは 日本政府が発行した国債を買い取ったものです
(これがアベノミクスの金融政策)

そして 日銀は政府の「連結子会社」ですから
この資産は政府の負債と相殺できます

 

つまり

 

491兆円 - 349兆円 = 142兆円

 

この142兆円こそが いわゆる政府の負債なのです

 

 

ではこの負債は 大きいのか小さいのか?

根本的に どうして借金がそんなにいけないのか私には理解できないのですが..
上手に借金してビジネスをするのって基本ですよね 悪いことではありませんよね

 

日本のGDP  約500兆円

対GDP比 28%
これ先進国の中でも最低レベルですね

 

日本の税収 約60兆円

負債は税収の2.36倍

私は政府の財政を家計に例えるのは おかしいと思いますが
無理やり当てはめてみると こういうことが言えます

 

年収1000万円の人が 2360万円のローンを組んで家を買った

 

これって 危機的な状況でしょうか?

 

つまり 日本の財政再建はもう終わっているのです

そして これからも日銀が国債を買い取り 量的緩和を継続していきます

マスコミや一部の専門家が唱える「ハイパーインフレ」なんて絶対きません

いまはまだ 日本はデフレ下にいるのです

まずは 心地よいインフレを達成し 所得が上がる環境をつくることが重要です

 

 

スミマセン 少し難しかったですかね??

 

それでも 明るい事実を知ることで 少しでも皆さんの気分が晴れたら嬉しく思います

 

一応最後に

 

今日書いた内容は 私の意見ではありません
まともな経済学者や評論家の皆さんの見解を ざっくり私がまとめたものです

※地方分の数字までは入れていませんが 大勢に影響はありません

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: 投資の話 タグ: , パーマリンク