人生の半分も働かないという現実にあなたは気がついていますか?




 

まず、日本人の平均寿命。

女性が世界首位の86.8歳、男性が6位の80.5歳となっています。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19H96_Z10C16A5CR8000/

 

次に、定年年齢。

厚生労働省「就労条件総合調査」(平成27年)によると、定年制を定めていない企業が7.4%ありますが、9割以上の企業で定年制があり、そのうち一律に定年制を定めている企業では、60歳を定年とする企業が80.5%、65歳が16.1%となっています。
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/employment/12.html

 

年金の支給開始時期や定年後の再雇用制度など色々ありますが、男性の場合ざっくり言うと、

 

「60歳で仕事をやめ、その後20年の老後生活」ということになります。

 

最近、これって少し変だよな〜と感じ始めています。仮に大卒であれば22歳で社会に出て60歳まで38年間働きます。しかし、人生は80年あります。つまり、日本人の男性は人生の47.5%しか働かないのです(あくまでもモデルケース)。仮に60歳で定年し仕事を辞めたら、人生の半分も働かないことになるのです。そんなの計算すれば分かるよ、と言われそうですが、実際にこの事実を認識している人ってどのくらいいるのかな?と思うわけです。恥ずかしながら私の場合は“つい最近”気がつきました(恥)。

 

人生の半分も働かないって衝撃です。それでいて「どうせ年金払っても自分たちの世代はもらえないし」と不平を言うのとか滑稽にすら思えてきます。あくまでも、人生80年と考えた場合、下記のようになります。

65歳まで働くと、43年労働で54%
70歳まで働くと、48年労働で60%
75歳まで働くと、53年労働で66%

感覚的には、少なくとも70歳までは働いて、人生の60%は納税して社会に貢献したいと思いますね。まあ、これは「世の中との関係」においてのハナシ。個人的には、「80歳まで」というか生涯現役を目指したいと思っています。



 

読者の方はご存知の通り、私はアジア有数のリゾート地「セブ島」に住んでいます。つい数ヶ月前までは、プライベート・ビーチ付きのオーシャンビューの部屋に1年半も住んでいました。日本に比べれば物価も安いので、一定期間であればのんびり何もせずに悠々自適に暮らすことだって可能でした。マリンスポーツやゴルフに明け暮れることだってできました。そう、多くの人が憧れる「優雅な南国暮らし」が手中にあったのです。しかし、私はずっと働いていました。土日だって気が向けば仕事をしていました。もちろん、いまでも同じです。悲しいことに自分の性(さが)に気付いてしまったのです。

 

仕事が楽しい。
仕事をしていないと遊んでも全然楽しくない。
罪悪感こそ覚えます

 

Workaholic / ワーカホリック

 

ですから、60歳や65歳を超えたからといって、きっと働くことはやめないんだろうなと思うのです。テクノロジーの発展のおかげで、いつでもどこにいても仕事ができ、以前は仕事にならなかったようなことでお金を稼ぐことができる時代になりました。こうやってブログを書いたり、自分の知識や経験を売って所得を得ることができるのです。きっと、この流れは止まらないでしょうね。ホリエモンが言うように、「いまの遊びが仕事になる時代」が来るのもきっともうすぐです。

自分としては、42歳の時に上場企業をやめて、海外に渡って、40代半ばでこうしたことに気付けて良かったと思っています。やはり、日本で働いていた頃は「定年」を、はっきりではないにしてもぼんやりと「一つのゴール」として捉えていたように思うのです。そして、明確に「定年後は南国に住んでのんびり過ごしたい」と思っていました。

そして、当時の私と同じように考えている方ってきっと多いと思うのです。全身全霊で打ち込めるような素晴らしい趣味のある方であれば、悠々自適な暮らしもきっとできると思いますが、そうでない方はきっと仕事が恋しくなってしまうでしょう。きっと、というかかなり高い確率でそうなると思います。ですから、いまから「老後」という言葉は捨てた方が良いように思います(スミマセン、大きなお世話ですね)経済的にもずっと働いて所得を得続ければ、「老後のための蓄え」をする必要もないのです。その分、「いま」に投資して、いまをもっと楽しむことだってできます。私は完全に「老後」という概念は捨てています。多分、「働くな」と言われても働くと思うので。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: パーマリンク