フィリピンでチップを払うことについて必要以上に深く考えてみる




 

まずは単刀直入に回答を言うと、「不要」です。

 

私の経験上、チップを払わなければいけない国はアメリカとカナダくらいではないでしょうか?アメリカでは、チップも収入源の一つとして、例えばウェイターやウェイトレスの賃金はその分低く設定されているからです。私が以前住んでいたイギリスでも基本チップは不要です。



ですから、チップとは「払わなければいけないもの」ではなく、「素晴らしいサービスを受けたら少し添えるもの」と理解すれば良いと思います。日本人は私も含めチップの習慣に慣れていないので、フィリピンのチップ事情について聞かれることも多いのですが、概ね上記の認識を持って頂ければ十分と思います。

 

ちなみに、チップは英語ではtip。発音は“チップ”ではなく“ティップ”です(豆)。

 

さて、ここで本題。私が先ほどこう書いたことにお気づきでしょうか?

 

素晴らしいサービスを受けたら少し添えるもの

 

実は、セブに来られる日本人の方には、チップの大判振る舞いをされる方が散見されます。まあ、その方のお金をどう使おうと自由ですが、セブ在住者としては“できればやめて頂きたい”というのが本音です。勿論、素晴らしいサービスには少し添えてあげてください。しかし、どんなサービスに対してもチップを大判振る舞いされてしまうと、チップを通常渡さない在住外国人が「ケチ」と思われてしまいます。

 

私たちは決してケチではないのです。
セブというローカルの文脈の中で、フィリピンの文化に適応して生活しているだけなのです。

 

そして最大の弊害は、「どんなサービス(ひどいサービス)でも、チップをもらうのが当然」とフィリピン人が勘違いしてしまうことであり、既に勘違いして横柄にチップを要求してくる輩は少なくないのです。ですから、できればセブの秩序を乱さないで頂きたいのです。

 

一つ例外があります。それは、綺麗なお姉さんとお酒を飲む夜のお店。こうしたお店では、チップの多寡が直接モテ度に響きます。というか、ほぼ正比例します。財力がモノをいう弱肉強食の世界です。

 

ハナシを元に戻します。

 

俺の金をどう使おうが俺の勝手だ!

だってフィリピン人貧乏だからチップあげないと可哀想でしょ!!

 

こんな反論が聞こえてきそうです。
まあ、ごもっともと言えばごもっともなのですが、では私からカウンターの質問です。

 

ロンドンで、大柄で鼻の高い白人のイギリス人の男性に、「これ取っておけ」とあなたはチップを大判振る舞いしますか?

日本の田舎のいかにも潰れそうなお店で買い物をして、可哀想だからとあなたはその店主にチップを払いますか?

 

誤解を招くのを覚悟で書きますね。日本人の中には、やはりフィリピン人を見下している人がいるのです。上から目線なんです。施しをあげる自分に酔ってるんです。お金を何の対価もなしにあげるのっておかしいと私は思います(寄付は別です)。

先ほども書きましたが、相手が勘違いします。良いことは何もありません。一方で、フィリピンが好きでお金を落として経済に貢献したいのであれば、モノを買えばいいのです。サービスに対価を払えばいいのです。もうそれだけです。まだ、反論はある方がいれば次の質問に答えてください。

 

あなたはあるお店の店員。1,500円の商品を売って、お客さんに2000円渡され「お釣りは取っておいてください」と言われました。あなたはどうしますか?どう感じますか?

 

私はタクシーに乗った時など、端数をチップとして渡すことが多いです。10〜20ペソ程度。マッサージに行っても、20〜50ペソ程度のチップを渡します。50ペソ(約120円)で一食食べられる国です。十分です。

約3年前に史上最大の台風ヨランダがフィリピンを襲いました。私の友人の故郷が壊滅的打撃を受け、彼女の母親が行方不明になりました。私はその時、少ないですが1万ペソを彼女に直接寄付しました。以前、従業員の息子が入院するという報告を受けた際は、「デポジットは私が肩代わりする」と申し出ました。フィリピンの医療費は高く、先に高額なデポジットを払わないと入院すらできないのです。そして、そのデポジットの額は通常のフィリピン人の収入ではかなり厳しいレベルなので、肩代わりを申し出たのです。

勿論、肩代わりですから分割で返してもらいます。こうやって、私はセブの文脈の中で生活しています。大卒初任給8000ペソの国で、数万ペソもあげるってやはり変なのです。どこかに奢りがあるように感じます。私なら自分の息子の入院費は何があっても自分で払います。だから、そういうものだと思うのです。。。きっと、それでいいんです。。。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: , , パーマリンク