セブから飛べる海外(上級者編) コロンボ・コルカタ・ビエンチャン・ヤンゴン




 

せっかちなので2017年の抱負を2016年の大晦日に宣言します。

 

 

来年(2017年)は飛びます!!

 

 

実は私、2015年8月にヨーロッパに行って以来、日本とフィリピンにしか行っていません。更には今夜、おそらく15年ぶりに日本で年越しを迎えようとしています。イギリス在住時に旅行しまくったせいか、「もうしばらく旅行はいいかな?」という悟りの境地に達した私。しかし、これが良くなかった。セブという猿の惑星に暮らしながらも、何となくクソ真面目に過ごしてしまった1年半。私にとって旅行は生活の一部。少しくらい飽きても異国の地に身を置けば何かを感じるし出会いも増えるわけです。というわけで、2017年のプラン。

 

4月頃:15年ぶりにアメリカ本土上陸

ロス、サンディエゴ、ヒューストンと友人を訪れます

 

8月頃:2年ぶりに欧州上陸

夜10時まで明るいヨーロッパのベストシーズンを満喫します
多分、イギリス中心ですが

 

頑張って稼ごっ!

 

現在は英会話スクールを経営しているので、以前ほど自由はききませんが、共同経営者に無理行って(哀願して・懇願して・土下座して)行ってこようと思います。



更には、3泊4日程度で、ちょくちょく近場のアジアに出かけようかと。そして、これこそが今日の本題。

 

 

実はセブから飛べるマニアックなアジアの都市

 

 

まずは、スリランカの首都コロンボ

ディープですよね!私は2005年頃に行ったことがあるのですが、到着した日に戒厳令が敷かれるという驚愕の体験をした都市です。そりゃもう、異国情緒満載です。

 

さて行き方はというと、

セブ → クララルンプール
クアラルンプール → コロンボ

エアアジアでのクララルンプール乗り継ぎ(1回)です。

 

まず、セブ ⇆ クアラルンプールという基本ルートをおさえます。

セブ発7:00  KL着10:55
KL発11:20   セブ着15:20

いま3月4日(土)発、7日(火)戻りのチケットをチェックしたところ、約18,000円。

 

そして、KL:コロンボ間はというと、

 

4日(土) KL発 21:00  コロンボ着22:00
6日(月) コロンボ発 23:15 KL着 5:35(+1)

料金は約15,500円。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-01-12-52-04

↑クリックすると大きくなります

 

乗り継ぎはあまりよくありませんが、セブから往復33,000円で秘境コロンボに行けるってかなりお得だと思います。東南アジアで「お〜、ワイルド!」と思っている人には超オススメです。ガチで価値観変わりますよ。

 

 

次に、インド第3?の都市 コルカタ

ここも同様にKL経由です。

 

4日(土) KL発 22:30  コルカタ着0:05(+1)
6日(月) コルカタ発 0:50 KL着 7:20

料金は約17,400円。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-01-12-52-39

刺激の欲しい方にはオススメです。本ブログで、「インド」で検索して頂ければ私の旅行紀が出てくると思います。参考までに、私は二度とインドには行かないと宣言しています。そのくらい凄い国です。心して行って下さい!

※2017年1月現在、インド入国にはビザが必要ですのでご注意下さい。

 

次は、ラオスの首都ビエンチャン

バックパッカーの聖地。優しい国民に穏やかな時が流れる楽園。今年は久しぶりにラオスに行ってみようと思ってます。考えただけで、こんなにワクワクする国って珍しいですね。

 

4日(土) KL発 6:40  ビエンチャン着8:20
6日(月) ビエンチャン発 8:45 KL着 12:40

料金は約11,800円。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-01-12-53-33

料金は安いですが、直行便の時間帯はかなり悪いですね。クアラルンプールで行き帰りとも2泊する必要がありますが、クアラルンプールは退屈な都市なので1泊にして、どちらかはバンコクに1泊することをオススメします。セブからビエンチャンに行くなら、3泊4日では少しキツイですね。もう1日、欲しいところです。

 

 

最後は、秘境ミャンマーのヤンゴン

私が行ったのは2010年頃なのでいまでは大きく変わっているかもしれませんが、基本、すっごく退屈な国です。それでも、一度経験する価値はあるでしょう。

 

4日(土) KL発 17:20  ヤンゴン着18:30
6日(月) ビエンチャン発 19:10 KL着 23:30

料金は約8,100円。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-01-12-54-03

ここが一番安いし、時間帯も抜群ですね。
セブから往復26,000円で、ヤンゴン2泊、クアラルンプール1泊。ヤンゴンは小さい街なので2泊で十分でしょう。

※2017年1月現在、ミャンマー入国にはビザが必要ですのでご注意下さい。

 

いかがでしたか?
所謂、観光客の方が普通行かれるアジアの都市バンコク、シンガポール、ホーチミン、香港、クアラルンプール等とは、全く異次元の体験ができることは保証します。しかも、セブからこんなに格安で行けるのです。行かない手はないですね。この記事書くために調べてみて良かったです!

 

あとは、セブ・バンコク直行便ができるのを待つばかり。これができたら、セブは大きく変わりますよ。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 旅のテクニック タグ: , パーマリンク