セブでのフィリピン人採用活動(準備編)




 

セブでビジネスをやる上で、最も重要なこと。それは、良質なフィリピン人従業員を確保すること。当たり前なことですね。しかし、これが難しい。とんでもなく難しいのです。というのも、

 

(あくまでも一般論です)

 

フィリピン人、基本働くのが嫌い

特に男は全く働かない

お金は神様が与えてくれるものと信じている

すぐ休む

すぐ遅れる

すぐ辞める

すぐ逆恨みする

実力もないのにプライドだけは高い

会社のものと私物の区別がつかない(だって神様がくれたダカラ〜)

 

キリがないのでこの辺で…汗

 

(あくまでも一般論です)



 

こんな感じなので、「10人の応募から雇えるのはたった1人」なんてことは当たり前なのです。しかし、日本ではバリバリにビジネスをされている方でも、何故か海外に出ると実力が出せない方もいらして、「見る目」が鈍ってしまうようなのです。つまり、日本でなら採用しないレベルの人を採用してしまう。

 

この理由の一つは、言葉の壁。日本人、英語に弱いですからね。元来、英語って派手な言葉なので聴き映えするんですよね。すごくチープなこと言ってるのに立派に聞こえてしまう不思議な言語なのです。私は以前イギリスにいたので分かります。特にイギリス人は、プア/poorな内容をファンタスティック/fantasticに語ることができる稀有な民族です(あのハッタリがあるからこそ、一時は7つの海を制することができたのでしょう)。

 

スミマセン、話が逸れましたね。今回は、私が実践するフィリピン人採用ポリシーを公開します。実は私、セブに来てから従業員を解雇したこともなければ、辞められたことも一度もありません(自慢)。まあ、合計たった6人のことなので、そのレベルと思って割り引いて聞いてください。

 

採用活動は日本と同じで求人広告を打つことから始まります。

そして、第1段階は応募の受け付け。ここで一気に絞りこみます。

 

 

携帯番号に連絡してくる人はダメ

→こんなこと日本ならしませんよね

 

 

指定のメールアドレスに連絡してきても、メールのマナーがなってない人は無視

→宛名がないとか、名乗らないとか、1行の挨拶もなく本題に入るとか、メール本文には何も書かずに履歴書だけ添付するとか。

こういう人は、実際の仕事でも同じことをやらかすのです!

 

 

フィリピンでは直接履歴書を持ってくる人も多くいますが、これもダメ

→ルール違反。求人票には「メール添付で履歴書を送るよう」指定します

ルールを守れない人とは一緒に働けません

 

おそらく、この時点で残るのは10人に1人のレベルでしょう。しかし、妥協してはいけません。就職活動って、自分のベストな面を見せる勝負所のはずです。つまり、ベストを尽くしてもマナーのない人、と理解すべきなのです。

 

また、中にはマナーはなくてもキラリと光る経歴を持っている人がいます。例えば、セブで言うと、セブの慶應大学?名門サンカルロス大学の卒業生とか。こういう人は、9割落とす前提で一応面接します(勿論、この時点で落とした方が良いです)。しかし、これまでの経験上、面接で合格点が出た人はいません。

 

次回へ続く。

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス タグ: , パーマリンク