「転職のためにTOEICで高得点を取りたい」という相談に私ならこう答える




 

これ実際に最近受けた質問。

そして、フィリピン留学に来る社会人の動機として最もポピュラーなものの一つでしょう。

ということで、この質問について幾つかの視点で真剣に回答したいと思います。

 

1、企業の採用者側の視点

私は2012年まで上場企業で役員として働いていました。明確に覚えているのですが、最後の1年で目を通した履歴書の数は約550通。面接の実施は約100回。つまり、平均週2回は面接していたことになります。そして、ほぼ私が最終決定を下していました。私の上司(社長)はほぼ追認する形でした。

そんな私からの最初の一言。

 

TOEICよりも、それまで自分がやってきたことを正確に伝えることの方が重要です。

 

なぜなら、あなたの大半の時間とパワーを注いできたのは仕事であって、TOEICではないはずだからです。「面接」とは相手を知るプロセスです。そして、知りたいのは「本当の相手」であり、それはやはり本業にこそよく表れると思うのです。

ですから、良い転職をしたいなら今の仕事をもっと頑張れ!と言いたいですね。逆説的に聞こえますが、私の本音です。他社で頑張れない人が自分の会社で頑張ってくれるとは思えませんし。



 

次に、

 

TOEICスコアを履歴書に書くなら、中途半端なスコアでは意味はない。
というか、逆効果。

 

私の場合、TOEICのスコアはほぼ無視していました。その理由は次回説明します。

例えば、TOEIC500点と履歴書に書いてあったとします。その履歴書を読んだ私の感想は、

 

たった500点しか取れないのね

500点取る程度しか努力できない人なんだ

 

特に2番目が重要です。どんなことでも勉強するのは素晴らしいことです。私も勉強は大好きです。そして、企業の上層部って比較的勉強してる人が多いと思うんです。そうでないと、このご時世きっと出世できません。ですから、彼らは「TOEIC500点を取る難しさ」を知ってるはずなのです。言い換えれば、

 

TOEIC500点なんて少し勉強すれば取れることを分かっているのです。

 

もし、いまTOEICでもがいている方で気を悪くされたらご容赦下さい。でもね、ほんと、そんなに難しくないですよ。単語帳1冊丸暗記すれば、取れるスコアなんです。

 

ですから、TOEIC高得点=転職成功、という構図は成立しません。少なくとも、私はそう信じています。

 

幸い、アベノミクス効果で、失業率は史上最低水準を記録し、有効求人倍率はあのバブル期の数値を上回っています。そう、空前の好景気なのです。

 

ですから、「TOEIC700点以上ないと足切り」とか言ってる会社は、こちらから願い下げくらいの気持ちで良いのではないでしょうか?

 

自分と自分のキャリアを相手に分かるように整理し、自信を持って面接官の目を見て熱く語れば、かならず良い企業と巡り会えると思います(あなたが、これまで頑張ってきた人なら)。

 

少なくとも、良い転職をゴールとするなら、TOEICが最優先事項でないことは明らかです。もう一度言います。TOEICの点数を求める会社なんかいっても、あなたが幸せになれるとは限りません。

 

次回は英語学校経営者&英語学習者としての視点で書きます。

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: その他, 英語, 英語 フィリピン留学 タグ: , パーマリンク