フィリピンではどういう人がモテるのか?(悲報)お金持ちだからモテるってことはありません




 

たまには柔らかい内容の記事を
完全に独断と偏見で書きます。
ですので、苦情とか送ってこないで下さいね笑

 

日本人はフィリピンでモテるのか?

 

まず、日本人女性。
世界中どこにいってもモテます。
勿論、フィリピンでも超モテます。

出会いが欲しい方は、日本人であることを全力でアピールして下さい。

また、セブは留学生が多いので、他の都市に行った方が更にモテると思います。
希少性の問題です。

 

 

一方で、日本人男性。
一部のイケメンは世界中のどこでもモテます。
それ以外は、基本モテません。
残念ですが、これがスタート地点です。

 

しかし、それでもモテる人はいます。
では、どういう人がモテるのか?
私の経験に基づいてツラツラと書いてみます。

 

私の経験とは、「多くのゲストをアテンドした」経験です。
私自身の貧しい経験ではありませんので、ご安心を!

 

まず、「お金持ち」というだけではモテません。
また、それほどお金持ちでなくても、羽ぶりの良い人は一見モテそうですが、それは勘違いです。

 

モテているのは、その人の「財布」とか「お金」です。

 

日本食レストランでよくある風景。
「中年以上の日本人男性」と「若いフィリピン人女性」の年の差カップル

 

ほぼ会話ゼロ。

 

レストランに置いてある日本の雑誌や漫画を読み耽る日本人男性
スマホから片時も目を話さないフィリピン人女子

 

さて、この二人は結び付けているものは?

 

まさか「愛に言葉はいらない」なんて言いませんよね?

 

実は、この手のカップルに対する日本人女性の目は非常に厳しいのです。
私は何度も「許せない」とか「どうして?」という抗議を受けています。
(私に言わないで下さい泣!)

 

それは、彼女たちの目には「お金」でなんとかしているとしか見えないからです。
二人の関係は当人たちでなければ分かりません。
ということで、私はノーコメントです。



 

すみません、脱線しました。
そろそろ本題。
モテる人は、

 

1、オシャレな人
2、面白い人
3、優しい人
4、英語が話せる人
5、日本でもモテる人(結局これ?)

 

 

1、おしゃれな人

 

これはすぐにできることですね
フィリピンでは見た目が120%です。
誰もが外見で人を判断します。

 

「人間は中身だ」なんていう欺瞞に満ちた戯言を信じている人にフィリピンは向いていません。

 

一番分かりやすい例
夜のお店(フィリピンパブ)の場合

 

ジャケットを着ていけばモテる度は200%上昇します(筆者調べ)

 

ユニクロのサマージャケットで十分です。

そこまでしなくても、衿つきのシャツを着てみて下さい。
長袖なら尚よし。

パンツは短いものでも構いませんが、高級感のあるもの。
要はフィリピン人女性にとって「非日常」を感じさせるものです。

靴は革靴でいきましょう。
モテたかったらビーザンはやめましょう。
そうキーワードは「非日常」です。
ビーサンって、フィリピン生活の象徴ですから。。。

 

これ効きますよ!
本当です。
セブにもユニクロがあるので、そこで戦闘服一式を揃えて
夜の戦場に向かうことを強くオススメします笑。

 

 

 

2、面白い人

 

このタイプもモテます。
「俺、自信ないわ」という方もいるかと思いますが、ご安心下さい。

 

フィリピン人のユーモアレベル = 日本人の小学2年生レベル

小学2年生に失礼かも。。。

 

とりあえず、下ネタでOKです。
そして、顔芸ができたらモテモテでしょう。
更に、何か体を張ったギャグでもできれば。。。

 

そう、目指すべきはダチョウ倶楽部とか出川です。

 

このタイプも確実にモテます。
そして、ハードルは劇低です。

 

 

3、優しい人

 

日本人ってレディー・ファーストが下手です(一般論です)。

一方で、フィリピン人の男ってすっごいスイートなんです。

 

日本人の財力 + フィリピン人のスイートさ = 理想のタイプ

 

かもしれません。

 

日本人女性がフィリピン人男性に魅かれるのも、このスイートさが原因でしょう。

「飲み屋のお姉ちゃん」ではなく「デート相手」のように接してみて下さい。
多分、モテますよ。
こういうタイプの方、何人も見てきましたので。

 

 

4、英語が話せる人

 

これは実体験から。

 

私のセブ生活もかれこれ4年弱。
フィリピン人と英語で話す時は、フィリピン人の真似をして英語を話します。
この方が通じるし、親近感を覚えてくれるので。

 

しかし、先日、アメリカ人の友人と夜のお店に行った時のこと。
すでに2時間くらい食事をしながら彼と話していたので、私の頭は久しぶりに英語モード。
夜のお店に着いてもそのままの勢いで英語を話していたところ、女性陣の見る目がいつもと全然違うのです。

 

数人の女性からは, Good English oi!とかお褒めのお言葉あり(サンクス!)

やはり「日本人が英語を話す」ことはまだ希少価値があるのです。

 

そして、フィリピン人女性からすれば「コミュニケーションが取れる」という安心感があるのでしょう。

 

3の「優しい人」ともかぶりますが、目を見ながら相手の言うことをじっくり聞いてあげれば、かなり距離は縮まると思います。

その時に、そっと女性の腰に自然に手を添えたりしたらジェントルマンな感じですね。
腰じゃなくて「お尻」に添えてる人はたくさんいますが笑

 

ということで、英語の勉強をオススメします。
「モテるため」、これ以上のモチベーションはないでしょう。

 

 

5、日本でもモテる人

 

結局、モテる人はどこでもモテます。
そして、こういう人って1〜4ができるものなんです。

 

 

最後に、

日本人であることには大きなアドバンテージがある一方、越えなければならない高いハードルもあります。

 

日本人 = パロパロ(浮気者)という不動のイメージ。。。

 

みなさんのご健闘を祈ります。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: パーマリンク