日本語学習者数 国別比較 フィリピン人ってどのくらい日本語を勉強してるのか?




 

約10日間のタイ滞在からセブに戻りました。

 

タイについての感想は多々あるのですが、そのうちの一つが「超親日」であること。
ここフィリピンもありがたいことに親日度は非常に高いのですが、タイではそれ以上の感触でした。

 

その一つのバロメーターが、日本語通じる度
私はバンコクの学校でタイ語体験レッスンを受けたのですが、なんとその先生が日本語ペラペラ。
聞くところによると、バンコクのタイ語学校では日本語でタイ語を教えることができる講師がたくさんいるそうです。

 

参考までに、下記が私がタイ語を教わった先生

 

日本語を交えた板書

 

ということで、前置きは長くなりましたが、日本語が世界でどのくらい勉強されているのか調べてみました。

 

で、下記が結果。

 

 

「学習者数」の定義が分かりませんが参考にはなります。
そして、これを人口10万人当たり何人かに置き換えてみると、

 

No 学習者数 人口(百万) 10万人当り
1 中国 953,283 1,382.71 689
2 インドネシア 745,125 258.71 2,880
3 韓国 556,237 51.25 10,853
4 オーストラリア 357,348 24.28 14,718
5 台湾 220,045 23.54 9,348
6 タイ 173,817 68.98 2,520
7 米国 170,998 323.30 529
8 ベトナム 64,863 92.64 700
9 フィリピン 50,038 104.20 480
10 マレーシア 33,224 31.66 1,049

 

・フィリピン、意外と少ない。

・ざっくりタイ人はフィリピン人の5倍の数、日本語を勉強している。

・台湾ありがとう!!

・お隣の国、日本のこと嫌いなのでは?

・オーストラリア多過ぎ!(私自身、行ったことないので何とも言えません)

 

たった一つのデータですが、私がタイで感じた親日度はある意味立証された感があります。



きっとフィリピン人の学習者が比較的少ない理由は、英語が通じるからなんだと思います。実際に、セブに戻って来て英語が通じる楽さを痛感しています。

 

一方で、タイ人とのコミュニケーションでは日本語かタイ語の方がベターです。
日本人よりは英語を話しますが、タイ人も決して英語は得意ではありません。

 

今回、タイに行く前に日本に少々滞在して、その間「君の名は」を観たのですが、タイでも「君の名は」は大ヒットだったそうです。

 

http://eiga.com/news/20161219/23/

 

一方、フィリピンでは上映されたものの、あまり大きな話題にはならなかったそうです。

 

話がいろいろ飛びましたが、今日はこの辺で。
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: フィリピン生活 タグ: パーマリンク