アジア紀行 チェンマイの居心地良さと激ウマタイ料理(ガイヤーン)




 

チェンマイでの3泊4日、微塵も心が乱れることなく常にニヤニヤしながら穏やかな時間を過ごすことができました。

 

私が気付いたタイの素晴らしさを列記していきます。

 

空気が美味しい → 喉が痛くならない
タイ人はいつでも挨拶してくれる
タイ人は「ありがとう」と「ごめんなさい」を言う
物を渡す時に人の目を見る
接客時に嫌そうな顔をしない
接客時に歌を歌ったり同僚といちゃついたりしない
客を待たせない(ように努力する)
商品に値札がある
在庫がある
お釣りがある
クレジットカードの機械が壊れていない
食事が美味しい
食事が甘くなく脂っこくない
野良犬がいない
部屋の中にアリがいない
裸で人が歩いていない
屋外でカラオケをしてる人がいない
屋外で爆音音楽をかけている人がいない
眉毛で話さない(受け答えしない)
エレベーターを降りる時など先を譲るとタイ人はお辞儀をしてくれる

エアコンが静か
基本静か
歩道がある
道路が平ら
道路にいきなり穴が空いていない

ジョギングができる
車がクラクションを鳴らさない
車が横断歩道で止まってくれる
車が逆走しない
電車がある
地下鉄がある
路線バスがある

 

すみません、あまりにも当たり前のことに感動している自分に少しびっくりです。これらを逆にすると全てセブになるものですから…



 

そういえば、今回のタイ旅行(半分出張)で全く日本食を食べていません。小洒落たレストランにも入っていません。全食、屋台か現地人が通うレストランで食べています。そして、その中でも秀逸だったのがガイヤーンというチキン料理。実は、イギリス留学時にパーティーでタイ人のクラスメートが作ってくれたガイヤーンが激ウマだったのです。そして、今回はその幻想を求めてチェンマイで一番有名なガイヤーンを食べに行ってきました。

 

お店の名前は、SPチキン。

 

ニンニクが程よく効いていて本当に美味しいガイヤーンです。
最初は、鳥半羽分を頼んだのですが、お代わりをして結局1羽分をペロリと平らげてしまいました。

 

170バーツ(約550円)が1羽分、90バーツ(約290円)が半羽分

 

個人的には、もしチェンマイに住んだら毎日ここで良いですね。
美味しいガイヤーンと野菜料理を1品注文すれば、胃も食欲も満たされます。
ダイエット的にも、良質のたんぱく質を摂取して炭水化物(糖質)ゼロを実現できます。

フィリピンの外食では絶対無理なケトジェニック(糖質制限)ダイエットが、タイでは可能なのです。

タイ、素晴らし過ぎます!そして、いま家賃をリサーチしている自分がいます。。。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 旅行記 タイ | タグ: , , | アジア紀行 チェンマイの居心地良さと激ウマタイ料理(ガイヤーン) はコメントを受け付けていません。

アジア紀行 チェンマイの超お勧めホテル「Hotel Montha」




 

さて、半分出張&半分遊びで訪れたタイの古都チェンマイ。世界的な観光都市だけあってホテルも豊富です。そんな中、今回選んだのはホテル・マンス / Hotel Montha。決め手はAgodaのレビュー。

 

 

何と★★★のホテルとしては異例の評価9.0。
しかも、一泊2,332円という激安価格。

※ セブだとこの値段では「小屋」のような宿しか泊まれません

 

そして感想はというと、大満足🎶

 

カップルや、思いっきりリゾート志向の方には向きません。
今回の私のように仕事半分・観光半分とか、観光メインではなく「暮らす」ようにチェンマイに静かに滞在したい、という方に向いていると思います。



まずは立地。
地図の左側にある四角の中が「旧市街」でチェンマイの中心です。このホテルは、旧市街まで徒歩10分以内にあり、ローカル飲み屋・レストラン・屋台・ゲストハウス・マッサージ屋が犇めく「ロイ・クロー通り」から少し入ったところにあります。そう、すっごく抜群の立地なのです。実際、とても便利でした。

 

お部屋の中

抜群の清潔感!

ベッドはやや固め、シャワーの水圧もやや弱めですが気になるほどではありません。

 

そして、なんとテラス付き!

テラスからの眺め。

 

とても静かなので、ここに座っているだけで心が穏やかになります。
仕事もはかどります。

 

さらに、ネット環境。
上り下りとも30以上って、フィリピン生活者にとっては奇跡のレベルです。

 

最後に、ホテルのスタッフ。最終的なホテルの価値は、そのスタッフのクオリティで決まると思います。今回の滞在で私が遭遇した受付担当は3名でしたが、皆さん非常に丁寧でした。資料の印刷をお願いした時も秒速で対応してくれました。

 

圧巻は、チェックイン。私がロビーに入るなりMr.◯◯?と問いかけ、私がパスポートを出すや否や、1分もかからずにチェックイン終了。笑顔で、鍵とWIFIパスワードが書かれた紙切れをくれました。素晴らしいです。(こんなことに感動できるようになったのは、3年以上のセブ生活のおかげかもしれませんが)

 

とにかく3泊の滞在の間、一度も1ミリたりとも嫌な思いをせずに、穏やかに過ごせたことには感謝感謝です。

今回のチェンマイ旅行で、チェンマイ・リピーターになることは既に決定しているので、このホテルの常連になるかもしれませんね。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 旅行記 タイ | タグ: , , | アジア紀行 チェンマイの居心地良さと激ウマタイ料理(ガイヤーン) はコメントを受け付けていません。

アジア紀行 セブからタイの古都チェンマイへ




 

約2年ぶりの日本とフィリピンを除く第3国への出国。いや〜、2年も外の空気を吸わないと精神衛生上良くありませんね。ということで、久々の海外旅行の行き先に私が選んだ国は、微笑みの国タイ。私が愛する国のトップ3の一角です(他は日本とイギリス、あれっフィリピンは?)。

 

今回は、チェンマイ3泊&バンコク3泊の計6泊7日。

 

そして、まずはチェンマイへ。

エアアジアを使って、クアラルンプール経由で飛びました。

 

7:05 セブ発 10:55 クアラルンプール着

14:45 クアラルンプール発 16:25 チェンマイ着

※タイとフィリピンには1時間の時差があります

 

航空券は直前の1週間前に購入したにもかかわらず、合計で約15,000円。マニラを経由しないため?遅延もなく、いずれも定刻通りに到着しました。はい、ノーストレスです。

 

飛行機の乗り継ぎに、約3時間待つ必要がありますが、エアアジア専用ターミナルのクアラルンプール空港第2ターミナルは至って快適なので全く問題ありません。

 

国際線乗り継ぎの手続きも、極めてスムーズ。並ばずに荷物検査を済ませそれで終了。フィリピンの超非効率な運営と怠慢&傲慢な空港スタッフに慣れている私にとっては拍子抜けするほどでした(いやいや、これが世界標準)。



無事出発フロアーに到着した後は、早速ランチ。この旅行で最初の食事はフードコートでの麺類を選択。セブに住むとホント麺類が恋しくなるんです。

 

 

16.9リンギット(約447円)

残念ながら味はイマイチでしたが、空港にしてこの良心的な価格は嬉しいですね。

 

ここで、セブからエアアジアを使用する方へのお役立ち情報。セブの空港での食事は馬鹿みたいに高いので避けた方が無難です。街中なら80ペソ程度の食事が軽く300ペソ以上しますので。それなら、エアアジアの機内食を食べた方が良いでしょう。150ペソ程度で割とマトモな食事にありつけます(下記写真は、グリーンカレー)。まあ、私は食べませんが。。。

 

さて、空港ではサクサク諸々作業して、あっという間に搭乗時間。出発は少々遅れたものの、到着は定刻通り。

 

まずはATMで1万バーツ(約32,000円)をおろします。

※実は、この時クレジットカードを抜き取るのを忘れて、ホテルに到着してから気がつきました。速攻でクレカ会社に電話してカードを止めたので事なきを得ましたが、今後の金欠が心配です。

 

それから、ツーリストSIMを購入。タイには3つの大手通信キャリアーがあるそうですが、事前に調べた結果、大きな違いはなし。ということで、今回はAISという会社のSIMを購入しました。1週間で249バーツ(約800円)。最大2.5ギガまで使えるそうなので十分です。

 

これで、ようやくホテルに向かえます。交通手段の定番はタクシーですが、今回はソンテウ(フィリピンのジプニー)にチャンレンジ。事前にウェブで調べたところ「空港に客を乗せてきたソンテウを捕まえて交渉するのがベスト。料金は頑張れば100バーツまで下げられる」とのこと。まあ、タイは治安も良いので気軽にチャレンジできます。

 

そして、空港を出たところいきなりソンテウが到着。4名の乗客が降りたところで早速アプローチ。ホテルの地図を見せてタイ語で「タオライ(いくらですか?)」。何の心の準備もなしに、久しぶりのタイで自然とタイ語が出てきた自分に少々ビックリ。そして、このタイ語が効いたのか?運転手の回答は、「100バーツ」。この旅、どうやらついてそうです!

 

ソンテウの中の様子。

運転手の写真が貼ってあります。

 

天井には照明と止めて欲しい時に押すブザーがあります。

 

高さも広さも十分なスペース。そしてこの清潔感。セブのジプニーとは雲泥の差。普通に快適でした。

 

こうして、無事にストレスなくチェンマイのホテルに到着。

次回へ続く。
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 旅行記 タイ | タグ: , , | アジア紀行 チェンマイの居心地良さと激ウマタイ料理(ガイヤーン) はコメントを受け付けていません。