フィリピンの役所はどうしてこうも愚かなのか?BIR / SSS編




 

このブログではフィリピンの役所の超絶低レベルぶりを余すことなくお伝えしてきましたが、ここに続報を伝えなければならないことを痛く残念に思います。

 

不動のフィリピン3バカ役所といえば、

 

・BIR(内国歳入庁)

・SSS(社会保障機構)

・BI(移民局)

 

今日は、その中からBIRとSSSの心温まる幼稚な狼藉ぶりをご紹介します。

 

まずは、BIR。

今年に入って、意気込んで一部の仕組みを変更しました。

まあ、変更=改善なら非常に良いことなのですが、ここはフィリピン、一筋縄ではいきません。

 

・仕組みの変更が発表されたのが2月8日。

・フィリピンの事業年度は、1月1日から。

 

理解不能だと思いませんか?

マトモな人間なら、新しい事業年度から新制度を開始できるよう、事前に(例えば9月頃)に公式に通知して、周知&準備期間に充てるものです。

 

しかも、オンラインのシステムが間に合っていない。

具体的には、1601Eや2551Q(間違ってたらスミマセン)という毎月報告&納税するためのフォーマットがあるのですが、そのフォーマットができていない。

例えば、1601Eの提出&支払期限は毎月10日なのですが、未だできていない。

そして、この記事を書いているのは4月11日です。

 

愚か過ぎます

知能レベル 小学2年生並 小学2年生に失礼?

推定偏差値28

 

更には、新しい仕組みが銀行まで浸透していないため、当面は御用銀行であるLand Bankでしか支払えない。

 

私が経営する会社のフィリピン人スタッフは、毎月空いてるChina Bankで涼しい顔をして支払いを済ませているのですが、今月はこれを理由に支払いを断られ、Land Bank様で2時間程待たせて頂いたそうです。

 

4月15日は所得税の納税期限。
BIRと銀行は業務の佳境を迎えます。

 

更には、私が暮らすセブのラプラプ市のLand Bankは、こんな時期にも関わらず、店舗のリノベーション中♪

 

ごった返す顧客に対する見事な帰り伐ち。

 

この国の役所に「思いやり」という文字は無いのです。



 

 

そして、BIRの良きライバルSSSも負けてはいません。

2018年に入ってから、新しいシステムを導入したSSS。

目的は、加入者・利用者の利便性の向上。

 

ところが、システムが動かない。

 

出てくるのはエラー・メッセージのみ。

 

私は月が変わると、前月分の処理を一気に済ませるのですが、先月SSSの処理を終えたのは20日過ぎでした。要は、20日間システムが動かなかったということです。

 

最後に、このSSSの新システム。

 

 

人間の感性では、絶対に直感的に扱えない猿レベルの代物!

 

 

これがトップページ。

 

 

普通ならページ中段の「E-Service」をクリックすると思うのですが違うのです。

私がSSSの管理職なら絶対にこんなトップページでゴーサインは出しませんね。

 

 

以上が近況です。

愚痴ではありません。

もうフィリピンには慣れたので、こんなことも笑顔で平常心で接しています。

 

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス BIR, セブ島現地ビジネス SSS | フィリピンの役所はどうしてこうも愚かなのか?BIR / SSS編 はコメントを受け付けていません。

オススメ!!マニラの格安ホテル Hop Inn Hotel Ermita Manila




 

2年半ぶりのマニラでしたが、「当りホテル」を引いたのでここでご報告します。

下記が、ホテル予約サイトagodaの表示。

 

 

値段もさることながら、クチコミ8.1は優秀です!!

7点台だと微妙なホテルもありますが、agodaで8.0を超えていれば経験上ハズレはありません。

 

 

場所は下記の通り。

地図の最上部(真ん中あたり)が、マラテのロビンソンです。

これで便利な立地であることはお判り頂けるでしょう。

 

また、このホテルを選んだ決め手になったのがお風呂の「山忠」が近いことです。

私がマカティではなくマラテにいつも泊まるのは、「山忠」があるからなのです。

 

山忠については、下記記事をご覧下さい。

マニラにある本格銭湯「山忠」とマビニ・ストリート

 




 

では、お部屋について。

ベッドはなかなか快適、庶民の私にとって不満値はゼロででした。

 

エアコンも静かで快適。

フィリピン特有の轟音タイプではありません。

フィリピンのホテル選びでこれ非常に重要です!

 

小さいですが窓もあって、快適に仕事ができるスペースもあります。

テーブルの広さも十分です。

 

窓からの眺め。

正面には「山忠」。

Japan Spaの文字が踊ります!

 

パンパシフィックも近いですね。

 

シャワールーム。

水圧はOKでしたが、温度は多少温めでしたね。

 

 

最後に一番驚いたネットのスピード。

 

爆速です!

私がこれまでフィリピンで経験した最速値です!!

 

ということで、このホテルが劣化するまでは(フィリピンの建物は劣化が早いので)、マニラでの常宿化決定ですね。

 

1階にはセブンイレブンがあるのも便利です。

庶民派のみなさんにはオススメのホテルです。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス BIR, セブ島現地ビジネス SSS | フィリピンの役所はどうしてこうも愚かなのか?BIR / SSS編 はコメントを受け付けていません。

2018年 セブで労働ビザ(9G)を更新する




 

私自身、2度目のビザの更新のプロセスをここに共有します。

セブでの行政手続きは、担当者によってコロコロ変わるので、あくまでも一例としてご理解下さい。

 

まずは、AEP取得

 

1月31日(水)

 

申請書類を全て整えて、当校スタッフ(マリリン)をDOLE(労働局)へ送り出す。

数時間後に意外なメッセージが届く。

 

「3年の申請を受け付けるから、あと4,000ペソ(合計12,000ペソ)用意してくれとのことです。」

 

実は、昨年の更新で「3年更新」を却下されたので、今年は「1年更新」で申請したところ上記の指示が出たのです。

まあ、ラッキーと言えばラッキー。

理由を聞いてみると、非常に興味深い事情が。。。

 

今年から(2018年)、ESL School(英語学校)で働く外国人の労働許可証の管轄が、労働省から教育省に変わった。おそらく、教育省は新制度にまだ対応できないと思うので、救済措置として当面は労働省で発行する。とにかく、早く出してあげるからすぐに申請して下さい。

 

あくまでも、上記はマリリンが労働省の役人から聞いた話です。それ以外に証拠はありません。

 

最後に、「君たちはラッキーだ」とも言われたそうです。

 

 

2月1日(木)

 

3年更新分の申請費12,000ペソを持って、マリリン再びDOLEへ。

数時間後、無事受理されたとの連絡あり。

AEP発行予定は、3営業日後の6日とのこと。

 

 

2月6日(火)

無事AEPゲット!

申請して3営業日目でゲットとか、奇跡過ぎますね。

どうやら、本当にラッキーだったようです。



 

次に、9Gビザ申請

 

2月8日(木)

 

BI必要書類と、膨大な予備書類を持たせてマリリンをBI(イミグレ)へ送り出す。

数時間後、無事受理されたとのメッセージが届く。

 

予備書類を持たせた理由は、昨年の申請時に申請書を合計7部も要求された経緯があるからです(悲)。

 

 

2月13日(火)

 

BIでの面接。

予定時刻は10時。

セブの渋滞は全く読めないので早めに出発して、9時10分に到着。

たっぷり2時間待たされて11時10分頃、面接開始。

ものの3分で終了。

 

フィリピンで生活する=待つこと、です。

 

最後に、I Cardセクションに書類を提出して終わりなのですが、ここの役人がとにかくセブの最低最悪レベルの役人なのです。

案の定、書類を提出すると、

 

書類はファイルに綴じて、I Cardの両面のコピーを持って来い!

 

またしても、過去2年には聞いたことないことを言い出す始末。

当然、ウェブサイトにも、移民局のオフィスの壁に貼られたどの通知を見てもそんなことは書いていない訳です。理不尽この上ないわけです。

「移民局とだけは揉めない」という硬い誓いがあるので、ここも何とか堪え、1階の文房具屋さんに行き、諸々買い揃えて要求された書類を提出しました。

 

さて、過去2年と比べると呆気ないほどに終わったビザの申請手続き。

果たして、実際に発行までにどのくらいかかるのか?

 

申請が承認されるとウェブサイトに名前が掲載されるのですが、

初回は4週間、昨年は2週間という電光石火で名前が載りました。

 

さて、今年はどのくらいかかるのか?

 

3月5日(木)

 

私のビザ申請が受理されました。

毎週チェックしていたイミグレのウェブサイトに、とうとう私の名前を見つけることができました。

http://www.immigration.gov.ph/information/application-status/agenda-verification

エージェントにビザ申請を依頼してる人は、自分でこのサイトをチェックした方が良いですよ。フィリピン人、豆にチェックしないので。

 

面接をしてから、約8週間(2ヶ月弱)。

最近では、2ヶ月半〜3ヶ月掛かっているとの情報を得ていたので、若干早いですね。

ラッキーです。

 

しかし、問題はここから。

マニラからセブに書類が届くのに、昨年は2週間も掛かったのです。

さて、今年は??

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス BIR, セブ島現地ビジネス SSS | フィリピンの役所はどうしてこうも愚かなのか?BIR / SSS編 はコメントを受け付けていません。