フィリピン人の海外出稼ぎ先 一番人数が多いのは意外なあの国!




 

フィリピン経済を語る上で、海外出稼ぎ労働者を避けては通れません。

フィリピンでは、この海外出稼ぎ労働者のことをOFW(オー・エフ・ダブリュ)と言います。Oversea Filipino Workersの略ですね。

 

このOFW、フィリピンのGDPの10%を稼いでいるとも言われます。

また、その膨大な海外からフィリピンへの送金額が、フィリピン通貨ペソの安定を支えているとも言われています。

家族に1人OFWがいれば、その家族は経済的に安泰とも言われるほど強烈な存在感があります。



 

そこで今日は、OFWの数字を追ってみることにします。

 

まず、OFWは全員で約240万人いるそうです。

フィリピンの人口の約2.4%を占めます。

Source: https://psa.gov.ph/content/2015-survey-overseas-filipinos-0

 

次に、フィリピン人は一体どこで働いているのか?

 

 

なんと、1位はダントツでサウジアラビア。

OFWの4人に1人(24.7%)がサウジアラビアで働いているそうです。

 

ヨーロッパは7%、アメリカは6%と意外と低く、全体の84.7%がアジア(中東含む)への出稼ぎです。

2位はアラブ首長国連邦(UAE)の15.5%なので、サウジとUAEだけで全体の40%を占めるわけです。

シンガポールや香港に行くとよくフィリピン人を見かけるのですが、それぞれ5%台なので、サウジアラビアではどこにでもフィリピ人がいるという感覚かもしれませんね。

 

他のソースを見ると、日本におけるフィリピン人労働者の数は約127,000人とのことなので、OFW全体のざっくり5%というところですね。

Source: https://jp.reuters.com/article/emigrant-2016-idJPKBN15B0GJ

 

職種としては、プラントや工場での作業員が全体の23.2%で1位、続いてtrades and related workers(これ具体的にわからないので訳せません) が23%だそうです。

 

確かに私の知り合いのフィリピン人の家族にもOFWはいますし、中東系は多いですね。

ただ、サウジアラビアは女性の人権が制限されているので、生活しにくい国と言われています。

 

フィリピン人と話すとみんな「行くなら日本」と言ってくれますが(社交辞令?)、客観的に見ても日本は様々な点で良いと思います。

現在、アメリカで働いている友人のフィリピン人も、次は日本で働くべく日本語の勉強をしています。

 

「海外で働くこと」に大きな抵抗を感じないフィリピン人のフットワークの良さは見習いたいものです。

もちろん、根底に「英語力」という強みがあることは見逃せませんが。。。

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: フィリピン生活 | タグ: , | フィリピン人の海外出稼ぎ先 一番人数が多いのは意外なあの国! はコメントを受け付けていません。

ONE OK ROCK(ワンオク)のマニラ公演のチケットを予約する!




 

みなさん、ONE OK ROCKってご存知でしょうか?

通称、ワンオク。

日本で大人気のこのバンド、実はフィリピンの若者にも大人気なのです。

スミマセン、私も最近知ったのですが…

 

 

実はワンオクLOVEの友人にワンオクの名曲を教えてもらい、サクッと練習して、
セブの大人の社交場KTV(フィリピンパブ)で歌ってみたところ、これがバカうけ!

お客さんのオジさま達はポカ〜ンとする一方、若いフィリピンのホステスたちは一緒に熱唱してくれました。

しかも、日本語の部分まで。

 

 

まあ、何はともあれ名曲 Whereever You Areをお聞き下さい。

 

 

まあ、人気出るの分かりますよね。

そして、彼らがフィリピンでも人気があるのは、その英語力もきっと影響しているのだと思います。



 

さて、こんなスーパーバンドのONE OK ROCKのライブがマニラで開催されるのです。

 

2018年1月28日(日)20時開演

 

ということで、早速チケットを調べてみたところ空席あり!!

 

画像をクリックするとウェブサイトに飛びます↓

 

 

一番安い席は、8,000円弱ですね。

 

ステージ周りの良い席(スタンディング)でも2万円程度

 

 

Buyをクリックしてみると、「このチケットは超売れてるのでこの機会は逃さないでね」って感じのメッセージが表示されます。

ただ、1万ペソって下手するとフィリピン人の庶民の月給レベル。

日本人感覚だと20万円。

残り2ヶ月でどれだけ売れるか興味津々です。

 

 

個人的には、マニラに行く用事でもあればそれに絡めて行くのもありかなって感じです。

 

 

さて、最後に日本からの参戦組のためにエアーを調べてみました。

 

1/27(土)の前日入りして、公演翌日の1/29(月)に帰る2泊3日

東京発着の場合

 

 

 

往復で約34,000円!

 

 

フィリピン航空の直行便でこの値段ならお買い得だと思います。

ジェットスターなら3万円を切りますが、時間帯が悪いのでオススメしません。

 

 

また、会場となるモール・オブ・エイジアも便利な場所にあります。

日曜日ならマニラ名物の渋滞も比較的穏やかでしょう。

空いていれば、車で15分程度の距離ですね。

 

 

*マニラでは、必ずUberを使いましょう。タクシーのボッタクリは世界最悪レベルです。

 

安くて最低限安全なホテルなら1泊5000円程度です。

熱狂的なファンであれば、日本から来てもそれほど大きな出費にはなりませんね。

 

ただ、マニラの治安は良くないので十分注意して来て下さいね!

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: フィリピン生活 | タグ: , | フィリピン人の海外出稼ぎ先 一番人数が多いのは意外なあの国! はコメントを受け付けていません。

年末年始のセブ島リゾートホテルはほぼ完売状態!でもボホール島がある!!




 

最近、年末年始のセブ旅行の相談を受けるのですが、もうリゾートホテルに空きはありません。

ピーク時期の12/30-1/3の4泊5日で調べてみると、下記の有名リゾートには一切空室がありません。

 

シャングリラ

モーベンピック

クリムゾン

Jパーク

マリバゴブルーウォーター

セブホワイトサンズ

コスタベラ

等々

 

確かに他のホテルで妥協するという選択肢もありますが、日本の激務で疲れた体を南国リゾートで癒したいという方にはオススメしません。

当たり前のことですが、ホテルのクオリティはその値段に大きく比例します。

 

そこでオススメなのが、ボホール島。

本ブログでも何度も書いているように、私は超ボホール派。

ボホールに行けば、ザッツ南国のリゾートをセブより格安に予約することができるのです。

 

そこで今日時点で空室のあるホテルを幾つかご紹介。

 

へナンリゾート

なんとこの時期で、まだ空室があることに驚きです!

さすがに年末年始だけあって、一番安い部屋でも27,000円しますが一考の価値はあると思います。

 

ブルーウォーター パングラオ ビーチ リゾート 

セブにある「マリバゴ・ブルーウォーター」の姉妹ホテル。

実際に宿泊した友人も絶賛してました。

まだ、1泊22,000円程度で取れます。

 

フラワー ガーデン リゾート

 

最後は、格安リゾート。

ここならビーチも近く、一泊5,000円以下の部屋もあります。



とにかく、ボホールにはまだまだ空室があります。

興味のある方は、ボホールのパングラオ島にあるアロナビーチで調べてみて下さい。

 

ボホールへの行き方は簡単です。

 

・セブ空港からセブ港まで、タクシーで40分〜1時間(渋滞による)

・フェリーでボホール島へ 約2時間

・港からリゾートへ 車で約30分

 

この程度の時間と費用を使ってでも、ボホール島には行く価値があります。

せっかくの年末年始のお休み、まだ妥協するのは早いですよ!

 

下記、私の知人がやってる現地格安ツアー会社です。

日本人対応なので安心ですよ。

 


広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: フィリピン生活 | タグ: , | フィリピン人の海外出稼ぎ先 一番人数が多いのは意外なあの国! はコメントを受け付けていません。